収入証明がいらない!所得証明書・収入証明書提出不要のカードローン

収入証明がないとカードローンは申し込めない!?そんなことはありません!

収入証明書のない主婦はどうなるの?

2010年の貸金業法の改正により「総量規制」が施行された事で、年収の3分の1を超える融資は法律によって禁止されるようになりました。これに供って、一定条件の貸付けの場合には、収入証明書の提出が義務づけられました。年収の3分の1という事は、年収が300万円のは100万円までしか借りる事ができないという事になりますね。でも年収がある人は上限はあるとしても融資を受ける事ができるのでまだ良いと思います。総量規制に乗っ取って考えると、例えば、専業主婦のように年収が0円という人は、原則的にキャッシグが利用できないという事になるのです。ただし、専業主婦でもキャッシグを利用する事が可能な方法がありますので、今回はそこに焦点を当ててお話してみましょう。

■配偶者の同意があれば利用できる
専業主婦の場合、「原則的」にキャッシングが利用できないという事なので、特定の条件をクリアすれば利用する事が可能になります。その条件の1つが「配偶者の同意がある」という事です。総量規制には、「例外貸付」という項目があります。その中には「配偶者同意貸付」というものがあって、【配偶者の年収+本人の年収】を【配偶者の借入+本人の借入】で割った数値が、配偶者の年収の3分の1であれば融資の申し込みが可能となるという条件が記載されています。この場合は、配偶者の信用情報にも調査が入る事になりますので、必ず配偶者の同意が必要という条件がつきます。また、この方法を利用する場合には提出書類についても、婚姻関係を証明するもの、配偶者の収入証明書など通常よりも多くの書類が必要となる事がありますので、通常のキャッシングやカードローンよりも時間や手間がかかると考えておいた方が良いででしょう。

■総量規制対象外は専業主婦でも利用可能?
総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジット会社を対象とした制度です。という事は、金融機関による貸付は総量規制の対象外という事になります。つまり、総量規制が関係ないので年収が0円の専業主婦でも利用する事ができるという事です。銀行が融資している銀行カードローンの場合は、配偶者の同意も必要ありません。また、ほとんどの銀行で100万円以下の融資であれば収入証明が必要ないとされていますので、収入の証明ができない専業主婦でも利用できるという事になります。ただし、専業主婦の場合は融資の限度額が30~50万円とされている事と、配偶者に安定的な収入があるという条件がつく場合が多いという事は覚えておきましょう。

© 2014 収入証明がいらない!所得証明書・収入証明書提出不要のカードローン All Rights Reserved.