収入証明がいらない!所得証明書・収入証明書提出不要のカードローン

収入証明がないとカードローンは申し込めない!?そんなことはありません!

収入証明書がいらない!提出不要のカードローン・キャッシング

カードローンやキャッシングを利用する際に必要な書類について調べてみると、本人確認書類の他に収入証明というものが必要になると書かれている事もあります。ただ、場合によっては本人確認書類だけで、収入証明は必要ないという事もあります。ここでは、どのようなケースでの利用だと収入証明が必要ないのかについて少し詳しく見ておきたいと思います。

そもそも、カードローンやキャッシングの際にどうして収入証明が必要なのでしょうか?カードローンやキャッシングの際に収入証明の提出が必要となったのは最近の事です。2010年に「改正貸金業法」という法律が施行され、その中で「総量規制」という制度が実施されるようになった事が大きく影響しています。「総量規制」は、多重債務で立ち行かなくなる人を減らすために実際された制度で、具体的には顧客の年収を基準にして借り入れの枠を設定するというものです。この制度が実際された事で、消費者金融、クレジット会社、信販会社などの貸金業者から無担保で利用できる借り入れについては年収の1/3までに制限される事になりました。

つまり、年収を証明する書類を提出し、そこに記された額の1/3までの貸し付けかどうかをきちんと判断するために書類の提出が必要という事になるわけです。ただ、ここで注目したいのが「総量規制」は、貸金業法によって定められているという点です。つまりこの制度が関係するのは貸金業者のみという事になります。という事は、貸金業者以外からの借り入れの場合、収入証明なしで利用できる事が多いという事になります。ただし、貸金業者からの借り入れの場合でも条件によっては収入証明が必要ない事もあります。

分かりやすいように借り入れの際に収入証明が必要なくなる条件について簡単にまとめておきましょう。
【収入証明が必要なくなる条件】
・銀行系カードローンでの100万円以下の借り入れ
・消費者金融での50万円以下の借り入れ
・消費者金融での借り入れで、他社との借入合計金額が100万円を越えない

このように、まずは貸金業者に当てはまらない銀行系からの借り入れの場合で100万円以下の場合は収入証明は必要ありません。この場合、収入証明不要の金額については銀行系カードローンによって違いがあります。ほとんどの場合が100万円以下となっていますが、銀行によっては200万円以下、300万円以下としている所もあります。また、貸金業者ではありますが消費者金融での借り入れの場合も50万円以下の場合は収入証明が必要ありません。ただし、消費者金融1社での借り入れが50万円以下でも他社との借入合計金額が100万円を越える場合は、収入証明が必要となりますので注意が必要です。銀行系カードローンの場合は、他行との借入合計額は関係なくあくまでも自行での貸付け金額が条件金額内であれば問題ありません。

© 2014 収入証明がいらない!所得証明書・収入証明書提出不要のカードローン All Rights Reserved.